スポンサーリンク


家庭の不用品を使ったお金をかけない大掃除


スポンサーリンク


生活

不用品を大掃除

大掃除を年末にまとめておこなうと、体調を崩す原因になりかねません。

暖かい日を選んで、家中の不用品を使い少しずつ大掃除をすませておきましょう。

おすすめする方法は、今年の内にきれいにしておきたいところを書き出して「お掃除プランシートを作る方法です。

そのシートを冷蔵庫などに貼っておき、終わったらマーカーなどで消していきます。

この方法は達成感が得られます。

 

 お掃除プランシートの作り方

 

気になるところを具体的に書き出しましょう。

例えばリビングなら、「照明器具や時計、額縁のほこり」「フローリングこびりついた汚れや足跡」「スイッチまわりの手あか」など具体的に書くことで、スキマ時間を利用してピンポイントで掃除ができます。

「月曜日はリビングを掃除しょう」と大まかに決めていても、気になるところがアレコレでてきて何から始めてよいか迷ってしまうので、とりあえず「今日はスイッチまわりの手あかだけはきれいに落とそう」と磨くと、5~6分でピカピカになります。

短時間で小さな達成感を積み重ねていくことで少しずつ家の中がきれいになっていきます。

玄関、靴箱、ベランダ、網戸、雨戸、窓、キッチン、ガス台、冷蔵庫、食品庫、洗面所、風呂、トイレなどもすべて具体的に気になるところを書き出します。

処分すべき物があるところを優先的に行うと、ゴミをためずにすみます。

「月曜日は生ゴミの日だから、日曜日に冷蔵庫と食品庫の整理をしょう」とか、水曜日はプラスチックの収集日だから火曜日には洗面所のプラスチックのコップやお風呂用のプラスチックの洗い桶などを処分して新しいものに取り換えようなど具体的にお掃除プランシートに書き込みます。

 各場所にお掃除用品のセットをしておく

 

古歯ブラシや古ストッキング、ボロ布、綿棒、雑巾、軍手、酢水、小麦粉などの中から掃除を行う場所によってチョイスし、かごやナイロン袋などに入れておくと、すぐに掃除ができます。

例えば、100円ショップなどでも手に入るスプレータイプの容器に水を入れ、酢を少々注ぎ、窓ガラスにスプレーしてしばらく置いてから拭きあげると汚れが取れます。

洗面所やお風呂、トイレなども薄めた酢水をスプレーして、キッチンペーパーやトイレットペーパーなどをシップをするように貼り付け、しばらくおいておくときれいになります。

ガス台やシンクは、クレンザーの代わりに、小麦粉を布やスポンジにつけてこすると汚れが落ちます。その他にも、柑橘類や大根のヘタでこすってもきれいになります。

歯磨き粉は研磨剤の役目をするので、に歯磨き粉を少量つけて磨くブラシ水道の蛇口などの細かいとは、古ころと、ピカになります。

床、家具、ドア、などがベタつくときは、冷めたお茶をボロ布に浸し、かたく絞って拭くとすっきりします。

フローリングの床のツヤ出しに効果があるのが、油分が含まれている米のとぎ汁です。

固く絞って使うと、ツヤ感が出ます。

 

 まとめ

 

気になるところを具体的に書き出し、スキマ時間に少しずつ掃除をすることで、いつのまにか家じゅうがきれいになります。

特別な洗剤を使わなくても、家庭にあるものや不用品で家中がピカピカになるのでお試しください。

 

 

あなたと私の知恵

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

  • プライバシーポリシーをご覧ください。

 http://nurukanpou.com/puraibasi

 

発行情報

 

 [発行者] やまいち

****************************


スポンサーリンク


生活
やまいちをフォローする
お小遣いの宝島

スポンサーリンク