スポンサーリンク


初心者でも儲かる!転売を副業として稼ぐ前に知っておきたいことかn


スポンサーリンク


副業

転売はトレンドや売れ筋をつかむことで、比較的コンスタントに収入を得ることが

できる分野です。

転売を行うには、さまざまな約束ごとがあります。

ちょっとした小遣い稼ぎの気持ちで安易におこなっていて、知らないうちに罪を犯していることもあります。

この記事では、フリマサイトで物品の転売をおこなう際に気をつけなければいけないことを、お伝えします。

 

転売を副業とする場合は古物商許可を取得しておこう

 

ネットを使って安く商品を仕入れ、それを売ってコンスタントに転売で稼ぐには「古物商許可」を取得しておく必要があります。

遊び感覚で、家にある不用品を売る程度なら問題はありません。

しかし、収入を得るためにメルカリやヤオフク、ディスカウントショップ、リサイクルショップなどから安い商品を仕入れて、たとえばアマゾンなどでそれを高く販売して差額で稼ぐ場合は、家にある不用品を売るのとは事情が違ってきます。

 

古物営業許可申請手続きについて

「公安委員会の許可」が必要ですが、許可申請窓口は、居住する警察署の生活安全課になります。

許可申請手数料は、すべて合わせて合計22,000円程度です。

なぜ警察署に届出を出して、古物商許可を取得する必要があるかと言うと、盗難品は買い取り専門店やリサイクルショップに持ち込まれ、現金化されることが多いからです。

また、リサイクルショップで万引きされた物品がインターネットで販売される場合もあります。

その他にも、転売目的でリサイクルショップで仕入れた物品をネットで販売したところ盗品と判明したこともあります。

無許可で古物商の営業を行うと、3年以下の懲役または100万円以下の罰金が課せられてしまいます。

 

やってもよい転売とやってはいけない転売

 

転売には微妙な約束ごとがあります。

本人はアルバイト感覚で転売をしていても、古物営業法違反の疑いで書類送検された実例があります。

転売を副業として毎月コンスタントに稼ぎたいなら、初期費用はかかりますが古物商許可を取得しておくと安心です。

 

やってもよい転売

例えば、自分のために買った服やバッグが今一つ似合わないのでネットで売ることにします。これはもともと自分のために買ったものなので「古物商許可」を取得する必要はなく、違法な転売ではありません。やってもいい転売となります。

 

やってはいけない転売

やってはいけない転売とは、たとえばブランドの洋服を転売のために買って、ネット上で転売するなどの行為です。

この洋服を、一度着てからネット上で販売するのはやってもよい転売なので、本当にわけがわからなくなります。

 

まとめ

 

転売をおこなうのに「古物商許可」が必要だとは知らずに、副業として生活費の一部を稼いでいる人も多いようです。

転売の仕事は正当な副業なので、「古物商許可」をとっておくと、時計やカメラ、美術品、家庭用ゲーム機、楽器古本など様々な物品を、自信をもって転売することができます。

さまざまな副業がある中で、転売はトレンドや売れ筋をつかむことで、比較的コンスタントに収入を得ることができる分野です。

 

 

お小遣いの宝島

副業初心者がスマホで1日10分アメブロ・ツイターで稼ぐ
貴方はお小遣い稼ぎに困っていません? スマホで1日10分アメブロ・ツイターで稼ぐ もし、あなたがこれらのうち1つでも当てはまるのでしたら 私はその悩みを解決することができます。 その方...

最後までお読み頂きありがとうございました。

  • プライバシーポリシーをご覧ください。

 http://nurukanpou.com/puraibasi

 

発行情報

 

 [発行者] やまいち

****************************

 


スポンサーリンク


副業
やまいちをフォローする
お小遣いの宝島

スポンサーリンク