スポンサーリンク


趣味で撮った写真が副業に


スポンサーリンク


生活

カメラが趣味で長年写真を撮り続けてきた人は、きっと素敵なデータがたくさんあるのではないでしょうか。

整理がてらに少し手を加え、写真販売サイトを利用して作品をお金に替えてみませんか?

写真をストックフォト会社のサイトに登録しておくと、売れた点数分が収入になります。

 

写真素材は誰が購入するの?

 

写真を購入するのは、ウエブサイトの制作会社や広告制作会社が多いようです。

あらゆるシチュエーションに備えて、魅力的な写真素材を必要としているからです。

また、個人事業主さんやフリーランスも、広告を兼ねたホームページに使ったり、会社紹介のパンフレットに使うなどニーズはさまざまです。

販売方法は?

 

販売方法は簡単で、素材サイトに登録し写真をアップしていくだけです。

あとは、写真が販売されると規定の手数料が惹かれた額が振り込まれます。

パソコンの中で眠っている写真がたくさんあるなら、どんどん投稿してお小遣い稼ぎをしてみましょう。

写真素材を販売できるサイトは数多くありますが、次のようなサイトが知られています。

 

・PIXTA(ピクスタ)は、プロアマ問わず誰でも写真、イラスト、動画の販売が可能です。

簡単な入門テスト後、写真やイラストをアップロードできるようになっています。

 

・Photolibrary (フォトライブラリー)は、日本最大級のストックフォトサイトです。

申請が通れば、大量一括登録もできます。

 

売れる写真素材とは

売れる写真素材の傾向としては、料理、食材、文具、雑貨、ビジネスシーン、若い女性、有名な観光地などです。

とは言え、ストックフォト販売は、なかなかコンスタントに稼げるような副業ではありません。

100枚くらい売れだしてから、やっと収入と言える額になります。

例えば、毎月最低3万円はカメラの副業で稼ぎたいと思っている人なら、ストックフォト販売をおこないながら、週末カメラマンとして、商品の撮影や人物の撮影を副業としましょう。

クラウドソーシングに登録してカメラの副業を探す

 

ランサーズやクラウドワークスに登録して、商品や人物を撮影する仕事に応募して、仕事を獲得します。

撮影の仕事は大きく分けると、商品などを撮る物撮りの仕事と、人物を撮る人物撮りの仕事があります。

物撮り系の仕事はさまざまですが、主にクライアントから送られてきた商品を撮影し、写真のデータをメールで送り、クライアントのOKが出ると、商品を送り返して仕事が完了するようになっています。

人物撮りの仕事は、小規模のイベントや結婚式など名写真撮影です。

一度受注し、クライアントと波長が合えば続けて仕事を依頼されることが多いので、要望通りに仕上げるようにしましょう。

 

まとめ

 

カメラに関する仕事の内容は幅広く、写真のセンスがあれば、色々なジャンルで稼ぐことができます。

クリエイティブ系の仕事は、常にアンテナを張ってトレンドに敏感であると、売れる写真を販売することができます。

また、カメラの仕事に特に資格はいらないので、広告撮影や商品撮影、イベント撮影、料理写真撮影などの仕事にも積極的にかかわると収入アップにつながります。

 

 

70代の仕事ネットビジネスアフィリエイトで稼ぐ方法

https://okodukaijyuku.com/

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

プライバシーポリシー

https://okodukaijyuku.com/privacy-policy/

 

 

発行情報

 

 [発行者] やまいち

****************************


スポンサーリンク


生活
やまいちをフォローする
お小遣いの宝島

スポンサーリンク