スポンサーリンク


100円均一の重曹で足の臭いを防ぐ


スポンサーリンク


生活

魔法のアイテム

重曹には脱臭効果があって、制汗剤などが無かった時代から体臭予防に利用されてきました。

100円均一ショップでは「私の魔法のアイテム」のキャッチフレーズで、料理から掃除まで色々使えますと書いています。

成分は炭酸水素ナトリウムです。

野菜のあく抜きやお菓子作り、茶渋落としや鍋磨きなどにも使える重曹ですが、今回の記事では、足の臭いをとるアイテムに絞ってお伝えします。

 

重曹はなぜ足の臭いに効果的か?

 

足の裏からは、毎日コップ1杯分もの汗が出ています。

この汗と垢が混じって、嫌な臭いを発生させます。

足の臭いの原因は、「イソ吉草酸」という雑菌が出す酸性の排出物だそうです。

この酸性のイソ吉草酸をアルカリ性の重曹で中和することで、足の臭いが軽減されます。

重曹には、足の臭いの雑菌を殺菌する効果はありませんが、雑菌を増やさない作用があります。

雑菌が増えると足が匂うだけでなく、水虫になる恐れがあります。

足の指の間をいつも清潔にして乾燥した状態で保つと、足の臭いは軽減され、水虫にもかかりにくなります。

また、足の爪が伸びていると爪の間に垢がたまり、臭いや水虫の原因になってしまうので、

足はマメに手入れをすることが大事です。

100円均一ショップでは5本指靴下も売っているので、足の匂い対策におすすめです。

重曹で足の臭い対策

 

重曹で足湯

洗面器にお湯を入れ、重曹を大さじ2杯入れて溶かし、素足をつけて10分ほど足湯をします。

重曹は熱湯を加えると、強アルカリ性へと変化して肌への刺激が強くなってしまうため、40℃までにしておきましょう。

 

重曹液を作り、足にスプレーする

重曹液の作り方は、100円均一ショップでスプレー容器を購入して水100mlと重曹小さじ一杯を入れてよく振り、足にスプレーしたり靴にスプレーします。

 

足に直接塗る

足をきれいに洗った後、重曹と水を混ぜてペースト状にして足の指の間に塗ります。

人の体に影響がないというものの、肌荒れを起こす場合もあるようです。

試しに薄く塗って様子をみましょう。

 

重曹いりのシューズキーパーを靴に入れておく

お茶のパックや古ストッキング、ソックスなどを利用して重曹を入れて、中身がこぼれないようにして靴に入れておくと、靴の匂いが取れます。

私は、茶ガラをカラカラに乾かして、重曹と一緒に手縫いの袋に入れて手作りのシューズキーパーを作りました。

 

重曹液を作り、足にスプレーする

重曹液の作り方は、100円均一ショップでスプレー容器を購入して、水100mlと重曹小さじ一杯を入れてよく振り、足にスプレーしたり靴にスプレーします。

 

まとめ

 

足の匂いを防ぐには、足湯なども効果がありますが、靴を清潔に保つことも大事です。
帰宅後の脱いだばかりの靴は、汗や臭気が充満しています。

靴をすぐ靴箱に入れてしまうと、靴箱の中で細菌が急増します。

脱いだ靴は通気性の良いところでよく乾燥させ、重曹いりのシューズキーパーを入れておくなどして靴にも気を使いましょう。

足の匂いを抑えるには、毎日同じ靴を履かないのも一つの方法です。

 

 

あなたと私の知恵

  

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

  • プライバシーポリシーをご覧ください。

 http://nurukanpou.com/puraibasi

 

発行情報

 

 [発行者] やまいち

****************************


スポンサーリンク


生活
やまいちをフォローする
お小遣いの宝島

スポンサーリンク