スポンサーリンク


サバの味噌煮缶詰とトマトのカレーのつくり方と材料2人分


スポンサーリンク


生活

EPAやDHAを豊富に含むサバ缶とトマトでつくるカレーは、安価な節約カレーですが、食べておいしく栄養価の高いカレーです。

サバの味噌煮缶を使うとちょっぴり和風味ですが、みそ風味が苦手な人はサバの水煮缶を使うとよいでしょう。

生のトマトの代わりに、トマト缶とサバ缶を常備しておくと、いつでも美味しいカレーが作れます。

材料(2人分)     

・サバの缶詰 1缶

・完熟トマト2個またはカットトマトの缶詰1缶

・すりおろし玉ねぎ半個分

・フレークタイプのカレー粉大さじ4杯

・ニンニク、すり下ろしたものまたは、チューブ少々

・水100CC~200CC

・ごはん適宜

つくり方  

①サバの味噌煮缶 1缶、完熟トマト2個またはカットトマトの缶詰1缶、フレークタイプのカレー粉大さじ4杯、すりおろし玉ねぎ、すりおろしニンニク、水100CCをすべて鍋に入れて煮ます。トマトのに含まれる水分によって、水が足りない場合は少し足してください。

*生のトマトを使う場合は、湯むきすると口当たりがよくなります。

トマトのヘタがついていない方に十文字に切れ目を入れ、皮にシワが出るまで熱湯につけ、その後冷水にとり、皮をむきます。

カットトマトの缶詰を使う場合はそのままでOKです。

②サバは適当に崩し、混ぜながら5~6分煮て、味をみてガムサマサラやターメリック、塩コショウなど好みのスパイスを加えます。

③味をなじますために10分ほどそのままにしておき、ごはんにかける前にもう一度火にかけて混ぜます。

サバ缶とトマトの栄養効果

 

サバ缶はカルシウムやビタミンDが含まれているため、骨をつくるのに理想的な食材です。

さらに、血液をサラサラにするEPAや脳の活性を高めるDHAも含まれています。

骨を丈夫にして血管や脳の健康にも役立ち、お財布にも優しいサバ缶をもっと料理に使ってみましょう。

焼きサバや煮サバにすると骨や皮、血合の部分を残しがちですが、缶詰なら丸ごと栄養を摂取できます。

例えば、焼きサバにすると8割近くもオメガ3必須脂肪酸(EPA、DHA)の効果が減少すると言われています。

トマトには、リコピン、ビタミンC、Eなど抗酸化作用の高い栄養素が含まれており、美肌効果が期待できますが、トマトは煮ても焼いても栄養成分の損失がありません。

トマトとサバ缶を一緒に食べるとトマトだけを食べるより、トマトに含まれるリコピンの吸収がよくなり、抗酸化力がアップします。

サバもトマトも汁ごと料理に使うと、効率よく栄養成分が摂取できます。

 

まとめ

 

常備食としてサバの缶詰やトマトの缶詰を買い置きしておくと、献立に迷った時や給料前の財政がピンチな時に助かります。

缶詰で作るカレーは、簡単に作れて美味しいだけでなく、新鮮な食材を現地ですぐに加工するため、栄養の流出が防げます。

骨密度が気になる人は、カルシウムとビタミンDをたっぷり含むサバの缶詰を、肌のくすみが気になる人はリコピンやビタミンC、Eを含むトマトを食べると、それぞれの悩みが解消できます。

さらに、鯖の缶詰とトマト(トマトの缶詰め)を同時に摂ることで、相乗効果が得られ、骨と脳、血管、肌の健康が維持できます。

 

食べてやせる!ダイエット法

http://kokorokarada.nurukanpou.com/2020/07/20/daietto/

最後までお読み頂きありがとうございました。

プライバシーポリシー

https://okodukaijyuku.com/privacy-policy/

発行情報

 

 [発行者] やまいち

****************************


スポンサーリンク


生活
やまいちをフォローする
お小遣いの宝島

スポンサーリンク