スポンサーリンク


さまざまなお祝いのしきたりと豆知識


スポンサーリンク


生活

身内や知り合いにお祝いをする場合、贈る金額の目安やいつ頃贈ればよいかなど、迷ってしまうことがありませんか?

お付き合いの程度によっても異なりますが、お祝いの種類によって、表書きの書き方も違ってきます。

さまざまなお祝いの金額の目安と贈るタイミングについて

 

お祝いごとの表書きは、「御祝」ならほぼどんな場面でも使えます。

水引は、何度あってもいいお祝いごとには蝶結びの水引を使います。

結婚祝いは熨斗(のし)付きの「結びきり」の水引を使いますが、これは結婚は何度もくり返してほしくないことから由来しています。

・結婚のお祝い

表書きは「寿」「祝御結婚」など、金額の目安は「1~5万円」挙式の当日か欠席の場合は1週間前までに贈ります。現金以外なら親しければ本人に聞いてみましょう。

・出産のお祝い

表書きは「御出産祝」など、金額の目安は「5千円~2万円」1ヵ月以内に贈ります。

現金以外なら衣類やおもちゃなどが一般的です。

・初節句のお祝い

表書きは「初節句御祝」など、金額の目安は「5千円~1万円」1週間前から当日に贈ります。

・七五三のお祝い

表書きは「七五三御祝」など、金額の目安は「5千円~1万円」11月初旬には贈るようにしましょう。

・入園・入学のお祝い

表書きはそれぞれ「御入園御祝」「御入学御祝」など、金額の目安は「5千円~1万円」、入園や入学前後に贈ります。現金以外では、図書カードや学用品などが一般的です。

・卒業のお祝い

表書きは「御卒業御祝」などで、金額の目安は「5千円~1万円」3月中に贈りましょう。

・成人のお祝い

表書きは「祝御成人」などで、金額の目安は「5千円~1万円」1週間前から当日に贈りましょう。ギフト券なども多いようです。

・就職のお祝い

表書きは「御就職御祝」などで、金額の目安は「5千円~1万円」4月中に贈りましょう。

・新築のお祝い

表書きは「御新築御祝」などで、金額の目安は「1万円~2万円」新築披露当日までに贈りましょう。親しければ本人の希望を聞いて家庭用品などを贈る人もいます。

・長寿のお祝い

表書きは「寿」「祝還暦」などで、金額の目安は「5千円~1万円」誕生日までに贈りましょう。実用品や趣味のもの、記念になるものも喜ばれます。

・開店や開業のお祝い

表書きは「開店御祝」などで、金額の目安は「5千円~1万円」開店までに贈りましょう。

生花や縁起物などをする人も多いようです。

内祝いのお返しについて

親から子へ、祖父母から孫へ、兄弟姉妹などの場合は、はじめから決めておくとよいでしょう。

「内祝い」は、原則として半返しのところもあれば、4割というところもあります。

地域によっても違いますが、4~5割相当をお返しをするのが妥当のようです。

まとめ

お祝いごとの表書きに迷ったら「御祝」と書けば、どんな場面でも使えます。

水引は結婚祝いは「結びきり」ですが、その他のお祝いごとには蝶結びの水引を使います。

最近では、親戚間でも節目のお祝いをしないことが多くなったようですが、うれしいことはみんなで喜び合いたいものです。

 

悪習慣に打ち勝つ方法

http://kokorokarada.nurukanpou.com/2020/09/27/akusyuukann/

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

■プライバシーポリシーをご覧ください

https://okodukaijyuku.com/privacy-policy/

発行情報

 [発行者] やまいち

*********************************************


スポンサーリンク


生活
やまいちをフォローする
お小遣いの宝島

スポンサーリンク