スポンサーリンク


在宅で副業を始めるならまずはクラウドソーシングから始めてみよう


スポンサーリンク


副業

副業で、5万円くらい稼ぎたいと多くの人が思っているようです。

副業におすすめ仕事は、クラウドソーシング系、ネットビジネス系、

在宅開業系があります。

クラウドソーシング系とは、インターネット上で仕事を受注する方法です。

ネットビジネス系とは、ブログやユーチューブ、転売などでなどで収入を得る

方法です。

在宅開業系とは家で書道やお茶、お花などを教え月謝を得る方法です。

この記事ではネット上ですべて完結できるクラウドソーシングの仕事についてお伝えします。

 

クラウドソーシングの仕事とは?

 

クラウドソーシングとは、インターネットを使って仕事をしたい人と、仕事をしてほしいや会社を結ぶビジネスマッチングサービスのことです。

クラウドとは群衆、ソーシングとは業務委託といった意味合いです。

クラウドソーシングの仕事には、記事作成、データ入力、文字起こし、アンケートモニター、翻訳、ウエブ制作、イラスト制作、デザイン作成、イラストやロゴ制作、写真の提供、などがあります。

未経験でもできる仕事やスマホのみでできる仕事もたくさんあり、パソコン環境さえ整っていれば、できる仕事がほとんどです。

ランサーズやクラウドワークスなどの1ヵ所に1度登録しておけば、どんな仕事にもチャレンジしてお金を稼ぐことができます。

 

クラウドソーシングの仕事の流れ

 

クラウドソーシングを始めるには、まずクラウドソーシングの会社のサイトに登録します。

どのサイトを選べばよいかわからない場合は、ランサーズやクラウドワークスなどは仕事の種類が多いので、とりあえず登録しましょう。

他にもいろいろあるので、複数登録してもよいでしょう。

登録は無料ですが、仕事が成立すると手数料が2割程度かかります。

まずは試しに、誰にでもできるような簡単な「タスク」案件からチャレンジして、仕組みに慣れましょう。

 

タスク、プロジェクト、コンペの違いについて

・タスクは、作業をすぐに開始でき、納品できる形式の仕事で簡単なアンケートなどに答えます。

簡単な内容を選べばスマホでも仕事ができます。

 

プロジェクトは、クライアントがシステム開発やホームページ制作、コンテンツライティングなどの仕事をクラウドソーシングを通して募集し、仕事を行いたい人が応募します。

応募に際しては、プロフィールや企画案、見積もりなどを提出する必要がありますが、書式に従って書くだけなので難しくはありません。

ただ、ひとつの依頼に多くの提案が集まるため、応募してもクライアントに採用してもらえるかどうか分かりません。

「有資格者」と指定されている場合や、「経験者のみ」などと記されている場合は、該当しない場合は採用されにくいようです。

得意な分野に数多く応募する必要があります。

 

・コンペは依頼者側が複数の提案を求め、その中から1点だけを選ぶため、競争率が高くなります。会社の名前の募集やロゴの募集がメインです。

まとめ

 

クラウドソーシングサービスに登録しておくと、さまざまな仕事を同時進行でおこなうことができます。

例えば、毎日ひとつかふたつ簡単なタスク案件に答えます。

次に会社のネーミングなどにも応募しておきます。

得意な分野の募集があれば、プロジエクトにも毎日何件か応募します。

同じクライアントが定期的に募集することが多いので、何回か応募して採用されなくても直接依頼してくれることもあります。

毎日の生活の中に仕事時間を上手に組み込むことで、3万円~5万円くらいは稼げるようになります。

 

 

 

アフィリエイトお小遣いの宝島

https://okodukaijyuku.com/

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

プライバシーポリシー

https://okodukaijyuku.com/privacy-policy/

 

発行情報

 

 [発行者] やまいち

****************************

 


スポンサーリンク


副業
やまいちをフォローする
お小遣いの宝島

スポンサーリンク